スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ直した

あけましておめでとうございますーーー!!



学校はじまるのつらい  _人人 人人_ > ぼっち飯 <  ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄





じょそ☆ぷりのキャラたちに再び会いたくなって課題終わってない中プロローグを直してみた。


まあそんなに変わってないね\(^o^)/

前よりは自然になったはず!!!!

完全な自己満足wwwwwwキャラが崩壊したwwwwwwwwwwwwwwww



オーマイガットトゥギャザー(^ω^)
















私立錫ヶノ宮学園――。ここは由緒あるまあまあな有名お金持ち学園。
つい先週、親が海外に行ってしまいアパートで一人暮らし中。そしてやっと今日からこの学園に通うことになったのだ。今日から私もここの一生徒!!
お父さんの古くからの知り合いであるという理事長が私を誘ってくれたのだ。
ここ一週間ばたばたしていたせいで資料にあまり目通してなかったけど校舎や制服、何から何まですごい学校!!敷地が広い!でかい!綺麗!
「ふ・・・ふふふふふ」
だがしかし!!私は穏便な学園生活を謳歌しようと考えている訳ではない!!
そう!!目的はただひとつ
「私は!ここで!!美少女ハーレムを作るーーーーっ!!!」
ここに宣言しよう、絶対ハーレム宣言を!!!!
美少女ハーレム、それはエロゲにおいて基本中の基本!ハーレムこそが正義!ハーレムこそがジャスティス!
「ふふふふ・・・ふははははははははーーー!!!」

「和光由紀です、よろしくおねがいします」
「――というわけで、転校生の和光由紀ちゃん、なんと、女の子よ」
先生がそう言うと教室内がざわざわとする。
男子ばかりだしやっぱり女の子は珍しいのかな、すごい盛り上がりよう・・・。
担任の先生は多分男の人・・というか男の人、オネエ系の人だった。
初対面だと言うのに電話番号の載った名刺をくれた、どうやらバーのママさんのようだ。2丁目では有名な人のようで、愛称は2丁目の桃ちゃん。いたって普通。おまけしてくれるそうなので機会があれば今度行ってみたいお店。
メイクが濃ゆい、キャラも濃い人だけど悪い人じゃなさそう。
「席は――そうね、和海ちゃんのお隣が空いてるわね」
和海ちゃん?ちゃんってことは女の子なのかな??
「あーっと、寝てる・・わね、和海ちゃん!ほら、起きて!」
先生はしばらく和海くん(男の子だった)を揺っていたけど起きなかったのでげんこつを食らわせた。すごい音が鳴った。すごい痛そう・・。
「いってぇー!何すんだっつーの!」
「あんたがあんまり起きないからよ!次やったらあたしの情熱たっぷりのキッスにするからね!」
どうやら先生は朝から寝てる和海くんに腹が立ったようだった。
和海くんはしぶしぶという形で顔をあげる。その時私と目があった。
「えっと・・隣の席同士、よろしくね」
「え・・・」
「和光由紀さん、お前の隣だってよ、よかったな」
と、和海くんに近くの男の子が教えてあげる。
「っと・・恵村和海・・です、よろしく」
と言って和海くんは再び寝る体体勢へと戻って、顔を伏せてしまった。
「は?なに?和海なにお前、もしかして照れてんの?愛いやつめ」
「ばっ・・、照れてねーよ!てかチェリー言うな!」
「チェリーとは言ってないだろー」
「お前・・・オレが女の子苦手なの分かっててからかってるだろ・・」
「え?和海くん女の子苦手なの?」
「そうなんだよー、和光さん聞いてくれる?こいつ、女の子と3秒目を合わせるだけでも駄目、真っ赤になって倒れちゃうの。今まで女性経験ゼロ、だからチェリーボーイ」
「ああそうだよ、チェリーで悪かったな!オレはDTに誇り持ってるからいいの!」
「和海・・・お前、その発言はねえわ、まじで引く。和光さんどう思う?」
「その意気だよ和海くん!今DT流行ってるしいいと思う!自分の貞操は大事にすべき!いまどきの男子高生にも和海くんみたいな人が増えるといいのにね」
「由紀・・・」
この瞬間、チェリーボーイ和海くんは恋に落ちましたとさ――――

何事もなくお昼休みになった。
朝から転校生、しかも女子がめずらしいのかすごい質問攻めにあって疲れてしまった。とんでもない疲労感。男共の群がりには長時間耐えられない。うぷっ
「あの・・」
「え?」
後ろからの声に振り返るとそこには超!美少女が居た。金髪碧眼の超絶美少女。頭につけたリボンが印象的なその女の子はまるでフランス人形みたい。・・・あ、昨日攻略したギャルゲ『しすこん!』の柊れいあちゃんに似てる!そっくり!
いるじゃない!女の子!!!一気に疲労回復。私のテンションは跳ね上がった。
「大丈夫・・ですか・・・?」
「えっ、うん、全然大丈夫!平気だよ!むしろ今治っちゃったよ!」
「そうなんですか?なんだ・・・良かったです。えっと、あの、良かったらこれ・・どうぞ」
と美少女が差し出してくれたのはいちごミルクだった。
金髪碧眼美少女は顔を真っ赤にしている。かわいい・・!!
「疲れたときには甘いものが効くんですよぉ、あ、いちごミルク大丈夫ですか?」
「うん、大丈夫だよ、ありがとう、頂くよ!」
いちごミルクなんてかわいいなぁ、うへへ
「よかったぁ・・、和光さん疲れてたように見えたので」
そしてすごいいい子だった。うわあああああん背中に羽が見えるよおおおおお
「えっと・・・何ちゃんかな?」
「あ、雨宮智です!」
「智ちゃんか、私のことは由紀でいいよ、仲良くしよっ、よろしくね!」
「はい・・っ!」
智ちゃんは天使のようにふにゃっと笑った。
「お、智。今日もかわいいな、おはよ」
「わ、和海くん!おはようございます」
「ん。あーー、腹減った。お前今日はクッキーか何か持ってねえの?」
「はい。持ってますよ。今日はガトーショコラケーキを作ってきました」
「おお、美味そう。食わして」
「はい。あーん、です」
「うん、さんきゅ」
「えへへへへ。和海くんに喜んで貰えて嬉しいです」
!?!?なにが起こっているのか。今私は目の前でリア充を見せつけられているのか。和海くんと智ちゃんが・・・いや、そんなまさか。
「――!?和海くんってチェリーボーイじゃなかったの!?リア充なの!?」
「は!?いや、由紀、勘違いしているみたいだけど智はおと――むぐっ」
「和海くん!もっと食べてください!はい、あーんです」
「ちょっ、智!もういいって!むぐぐ」
「え、和海くん!智ちゃんは何なの!?気になるよ!ねえ!!!」
「あ、由紀さんもぜひケーキ召し上がってください」
「うん。ありがとう、すごい美味しいよ」
「良かったです・・っ、えへへ」
智はおと――なんなんだろう。乙女ゲーマー?男の娘キラー?・・・ないな。

そして、来訪者がやってきた。またとびっきりの美少女だった。
しかも、なんと!moca専属人気読モの千倉玲ちゃんだったのだ!
千倉玲ちゃんとは最近雑誌やテレビに引っ張りだこの芸能人。女の子が皆羨む要素を全て持ったような絵に描いたような美少女である。
「れ、れいちゃん・・!?」
「わ、玲のこと知ってたんだ!嬉しいな~♡」
玲ちゃんはえへへとほんわか微笑んだ。わー!生玲ちゃんめちゃくちゃかわいいいいいいいいいいい!!まさかこの学園の生徒だったなんて!!
「今日は可愛い転校生が来たっていうからどんな子か気になって来ちゃったんだよ~!噂通り、すっごく可愛い!まぁ玲ちゃんには負けるけどね、あは☆」
「ええ!?私なんか全然可愛くないよ!玲ちゃんのが1億倍可愛いよ!」
「えへへ~、ありがと!でも女の子が自分の事可愛くないなんて言っちゃだめだよ?女の子は誰でも可愛いものなんだから。ね、君もかわいい!」
「あ、ありがとう・・・」
玲ちゃんやばい!可愛すぎる!!雑誌やテレビで見るよりも1億倍可愛い!
周りに居る男の子たちの目がハートになってる。恐るべし、玲ちゃん・・・!
「むう」
「?どうかした?玲ちゃん」
「・・いいなぁ・・胸・・ちらっ・・わけて欲しいなー、ちらっ」
玲ちゃんは私の胸をじっと見た後、がしっとわしづかんだ。
「○×□△☆~!(※言葉にならない)」
「あはっ☆」
「・・・っ」
「ごめんごめん、これあげるから許してっ、ねっ☆」
「むぐぐ」
差し出されたのは玲ちゃんの鞄から出てきたポッキー。
「じゃーねー、ゆきちゃん!ちゅっ♥」
玲ちゃんはポッキーを口に押し付けて嵐のように去っていった。
去り際のウインク投げキッス。何というかさすがです。
なんだったのだ・・・私はぽかんとなったまま口を防げずにいた。

今日の授業終わりを告げるチャイムが鳴り響く。学校も終了の合図。
「またね、由紀ちゃーん」
「またあした、和光さん」
「うん、また明日」
つ、つかれた。今日過ごしてみたけど相変わらずの男子の多さ。共学校だよね?
女の子なんて全然見つからなかった。智ちゃん、玲ちゃん、くらい。
はー、しかし女の子少ないけどちゃんといるんだなぁ。
しかも超美少女だし、むふふ・・・。超美少女だし(※重要なことなのでry)
ってあれ、何この人だかり・・・というか人が横に避けて道が出来てる?
まるで大名様が通るみたい、廊下には一直線に空洞ができた。なにかあるの?
すると、前から2人の人が歩いてきた。
1人はお姉さんっぽい雰囲気、黒髪ロングの美人。物静かな女性って感じだ。
もう1人は水色の髪のふわふわしたウェーブのかかったロングヘアの女の子。少し小さい。
「おいお前」
「は、はぃい!何でしょうか!!」
いきなり小さな女のに声をかけられ、ビックリして声が裏返ってしまった。
「この僕が通るのになに突っ立ってるの、邪魔。どいて」
と、少女は言った。
「あぁ、それとも何?踏まれたいの?お仕置きをご所望なの?ん?」
ひゃああああああああ私美少女に顎つんつんされてるー!?
「・・というか見ない顔だと思ったら今日来た転校生じゃない、・・・ふぅん」
「静香様、こちらは噂の転校生の和光由紀さんと仰る方です。」
「あっ、はい。和光由紀と申します。よろしくお願いします」
「ああ、そうなの。ふうん、由紀ね」
少女は少し考える身振りをした。悩む姿も可愛い、小っちゃくてかわいい。
「お前、ほんの少し、1ミクロンなら好みだし僕の奴隷にしてあげてもいいよ?」
「え・・・っ」
超展開\(^o^)/これなんてエロゲ?
「ちょうどこの前首輪と手錠買ったの。特別に可愛がってやってもいいよ?」
「し、静香様、それなら私が・・ハァハァ」
「うるさいミカゲ。お前は悦ぶからあげない。そういう反応いらないの」
「は、はい・・・」
ミカゲと呼ばれた美少女は静香様にそう言われてしゅんとした。
というか、どういう次元の会話なのこれ!!!
「失礼しました。私は静香様のところのお屋敷で専属メイド兼従者・・いえ、玩具・・いえ、夢は静香様の性奴隷。豊前ミカゲと申します。よければお見知りおきください」
「は、はい。よろしくお願いします」
どうやらこちらの黒髪美少女ミカゲさんはとても個性的な人らしい。
「僕は東十条静香。気軽に静香様って呼んでね」
「は、はい!静香様!」
「ん。じゃあね。転校生」
静香様とミカゲさんか・・・2人とも個性的な人すぎる・・・。

「由紀さん、一緒に帰りませんか・・・?」
「あ、智ちゃん。うん、いいよ」
「良かったですー!断られたらどうしようかと思いました」
「まさか!そんなこと絶対しないよ!!」
教室に戻ったところ、声をかけてくれた智ちゃんと帰ることになった。
「由紀さん、やっぱりお疲れですね。初日からお疲れ様です」
「あはは・・・そうかも。ありがとうね」
智ちゃんの優しさが胸にしみるなあ。いい子すぎる。
「あ、そういえばですね――――あ」
「准・・・なあ、いいだろ?そろそろ、俺もう我慢出来ないんだけど」
「ばーか、まだだっつの。そんなんで俺が満足できるわけねえだろ?」
「ふ・・、それもそうか」
「お前の本気、見せてみろよ」
生徒会室の前を通りかかった時、声が聞こえてきたのだ。
しかも何をやっているのだこの2人組は!!!外まで声が丸聞こえだっての!
声を大にして言いたい、自重しろ!!!!!!!!
べ、別に気になってなんかないんだからねっ!腐っても女子だからね!!
「生徒会長と・・・能代先輩ですね、何やってるんでしょうか・・・」
「あっ、だめ!智ちゃん見ちゃいけないよ!!腐っちゃう!!」
とか言いつつ隙間から見ちゃうのは悲しい女の性なんだろうか。
「ん・・っ、准・・んぅっ・・ふ・・っ、じゅんんんんんんイグウウウウウウウウウ!!」
『――――!?』
「・・・ふう」
「や、やりきった顔してる・・・!?」
「あの方、この学校の生徒会長さんなんですが能代先輩の事になると周りが見えなくなるみたいです。ですが、今のはびっくりです・・・」
一部始終を見てしまった私達は茫然としていた。今のはないわ・・・。
バンッッッ!!
と室内の部屋のドアが開いたかと思うと中から女の子が出てきた。
「鷹斗!!てめえさっきからうるせえんだよ!ちょっと黙ってろ!」
『あ・・・』
「准。なんだ、終わったのか?ごめん、つい准が可愛くって」
「気持ち悪いんだよ!死ね!!!!いっぺん死ね!!」
「ああ、分かった。准がそう言うなら死んでくる」
「ああ、早く死んでくれ」
出てくるなり女の子は暴言を吐いている・・・。かなり口が悪い女の子だ・・。「ていうかこの前のマリカの時の声録音してんじゃねーよ、きもい」
「それは准が可愛いのがいけないんだ。俺は悪くない」
「・・・はぁ。・・・あれ?雨宮?と誰?」
「あ、気づかれましたね・・・」
「こ、こんにちは・・・」

それから私達がつい生徒会室のドアが開いていたので見てしまったことを伝えた。つい出来心だったんです!と
「へー、由紀ちゃんって言うんだ。こんにちは」
にこっと、能代先輩は笑った。とっても可愛らしい。
「は、はい!今日転校してきました、よろしくお願いします・・・!」
「この学校に可愛い女の子が来て嬉しいよ。いつでも暇だから、今度遊ぼう。由紀ちゃんの為ならいつでも予定空けるよ。あ、これ俺のメアド」
「は、はぁ・・・」
「ほんと可愛い。食べちゃいたい・・・頭かじっていい?」
「え!?駄目です!駄目に決まってます!」
「えー?そうなの?じゃあキスしていい?唇舐めていい?胸揉んでいい?ぺろってしていい?押し倒していい?太腿に足挿れていい?そして犯していい?」
「だめです!!!!嫌です!!!」
「ちぇー・・・」
「能代先輩、いつも大胆ですね・・・思わず僕まで照れてしまいます」
「そりゃあね、女の子と話すのは俺の生きがい、義務みたいなものだからね」
「なるほど、勉強になります」
「あの、えっと・・・能代先輩って女の子じゃないんですか?」
「は?女の子?違うよ?ばりばり男だよ?」
「え?そうなんですか?」
「・・・・・・ねえ、もしかしてこの学校男子校なのって知ってる?」
「・・でもそれって今年から変わったんじゃ・・・」
「表向きはね、でも誰も女性徒は入らなかったんだよ。そして、誕生したのが女装制度というもので――・・むさくるしい学園生活を華やかにしてやろうという計画?みたいな?それで、選ばれた男たちが日々この学園内では女装して暮らしてるわけ」
――――女性徒は入らなかった?女装制度?どういうこと?
まさか――いや、そんなはず!
「智ちゃん!今の話って本当なの!?」
「え・・っ、あ、はい。僕もその1人というかなんというかです・・・」
「嘘!?男の娘なの!?」
まさか、と思った。
「ま、まさか玲ちゃんや静香様やミカゲさんも!?」
「あの3人にも会ったんですか?あの3人もちゃんと男の人ですよ」
「うそ!そうなの!?」
「はい・・・あの、すみません、僕が女の子じゃなくって・・・ずびっ・・」
「あ、いや、違うの!ビックリして!!!てっきり女の子かと思ってたものだから」
「正確には和海くんも制度の一員なんだけどねー、彼そんなに女装しないしね」
「えええええええ!!ほんとに!?」
「雨宮智、千倉玲、東十条静香、豊前ミカゲ、能代准、恵村和海が制度の一員。任命者が理事長である母様なのだがな、面白半分で始めてみたらすごい好評で今に至るわけだ。ま、お前は女ひとりで苦労することになるな」
「うそ・・・・・・」
神様、お母さんお父さん。びっくりです。どうやら私は男の娘沢山の乙女ゲーのヒロインになってしまったみたいです。×美少女ハーレム ○美少女ハーレム(だが性別に難あり)になりました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。